祈りを込めた修道女手作り、天然木材使用のロザリオ

函館天使園のシスターが、一つ一つ丁寧に編み上げた天然木珠のロザリオ。素材選びから制作まで、全てシスターの手によるハンドメイド品です。


このロザリオが、皆様に神の恵みをもたらしますように…と祈りを込めて作られました。

修道女の手作り 天然木珠ロザリオ 黒檀(税込12,419円)

※黒檀木材について カキノキ科の熱帯性常緑高木です。インドや東南アジア、アフリカなどの熱帯地域に広く分布しています。黒檀は、由緒ある高価な木材として古くから知られ、色合いが漆黒であればあるほど価値があると言われます。

修道女の手作り 天然木珠ロザリオ 紫檀(税込12,419円)

※紫檀木材について ローズウッドとも呼ばれ、黒檀とともに三大唐木の銘木として知られます。重硬であり、加工後の美しい仕上がりに定評があります。また、菌や虫に侵されにくく耐久性も優れています。

修道女の手作り 天然木珠ロザリオ 欅(税込12,419円)

※欅(けやき)木材について 美しい木目が特徴的。強靭で耐久性もすぐれており、外見も美しいため、古来から日本国内で最良の広葉樹とされてきました。和家具として利用されることが多く、数々の銘品を生み出しています。


修道女の手作り 天然木珠ロザリオ リグナムバイタ(13,587円)

※リグナムバイタについて 市場に流通する木材の中で最も硬く、重い木材で、耐久性が高く、腐敗にも極めて強い性質があります。色は、黄色や緑色の暗褐色。材面は緻密で、光沢と芳香があります。リグナムバイタはラテン語で「生命の木」を意味し、この樹の樹液が万病に効くとされ、非常に高値で取引されてきた過去もあります。


~函館天使園とは?~

津軽の海に面し、青森の山々をはるかに望む丘に建つ、天使の聖母トラピスチヌ修道院(通称:天使園)は、1898年(明治31年)、フランスのウプシー修道院から派遣された8名の修道女によって函館に創立されました。修道女たちは、農耕・製菓・工芸品製作に従事しながら、神の栄光と世界の平和、そしてすべての人の幸せを願って「祈り 働け」(Ora et Labora)の日々を送っています。

【製品についてのお知らせ】

※サイト上に掲載している製品情報は、過去に販売した製品データも含まれています。現在店頭に在庫があるとは限りません。 店頭在庫につきましては、メール(tokyo-store@sanpaolino.jp)でお問い合わせください。

※製品の内容、仕様、デザイン、価格は予告なく変更させていただく場合があります。

サンパオリーノ - 修道院製品のお店

世界の修道院で作られた製品を独自の感性で集めたセレクトショップです。

0コメント

  • 1000 / 1000