福岡カルメル会 シスター手編み 天然石ロザリオブレスレット

素材選びから制作にいたるまで、福岡カルメル会のシスターによって丁寧に仕上げられた、天然石のロザリオブレスレットが登場しました。


「アベンチュリン」

石英系の石で、その美しい緑色は、翡翠の代用として使用されました。そのため、原産地にちなんでインド翡翠などとも呼ばれます。


「オニキス」

ギリシア語で爪の語源をもつ天然石で、瑪瑙(めのう)の中の黒瑪瑙を指します。


「タイガーアイ」

角閃石の中の青灰色をしたクロシドライトと呼ばれる鉱物に、石英が染み込み酸化し、黄色く変色したものをタイガーアイと呼びます。光の反射によって、表面の縞模様が虎の目のように見えるのが特徴です。


「マグネサイト」

炭酸マグネシウムを主成分としており、マットな質感のホワイトベースにグレーの柄が混じる模様です。菱苦土 (りょうくど) 鉱ともいわれています。

「ローズクォーツ&マザー・オブ・パール」

水晶の一種で、薄紅色の色合いを持つ石で、バラ石英とも呼ばれます。

真珠を作り出す母体となる貝のことを指します。この貝から、数々の美しい真珠が出来上がります。

「ロッククリスタル」

水晶の中でも特に透明度が高いものを、ロッククリスタルといいます。その透明感から、古い時代には氷の化石と信じられ、多くの部族が「魔法の石」として重宝していたようです。


「赤メノウ」

別名レッドアゲートと呼ばれます。微細な石英の集合体であるアゲート(めのう)を赤く染色した天然石です。

「ラピスラズリ」

和名を瑠璃(るり)といいます。ラズライトを主成分とし、複数の鉱物が加わって出来上がった天然石です。深みのある美しい青色が特徴です。


福岡カルメル修道院のシスターたちは、伊都の里山で果樹、野菜、薬草を育てて、お菓子、ジャム、ハーブティー、ハーブソルトなどを作っています。 信心用具としてまたアクセサリーとしても人気の天然石ロザリオブレスレットも、シスターの手作業で作られて人気の製品です。 

【製品についてのお知らせ】

※サイト上に掲載している製品情報は、過去に販売した製品データも含まれています。現在店頭に在庫があるとは限りません。 店頭在庫につきましては、メール(tokyo-store@sanpaolino.jp)でお問い合わせください。

※製品の内容、仕様、デザイン、価格は予告なく変更させていただく場合があります。

サンパオリーノ - 修道院製品のお店

世界の修道院で作られた製品を独自の感性で集めたセレクトショップです。

0コメント

  • 1000 / 1000