聖地修道院ワイン Cote du Bethlehem コート・ドゥ・ベツレヘム(白)

エルサレムの西方にあるトラピストのラトゥルン修道院は、パレスチナ自治区内でワインを造っている2つある修道院のうちの1つです。19世紀からワイン造りをはじめ、利益は修道院や併設の学校・孤児院の運営、ガザ地区の教会の支援などに使われています。

ラトゥルン修道院は1890年に創建されたトラピスト会の修道院です。エルサレムと地中海の中間の丘陵地帯にあり、標高350mの丘の中腹にブドウやオリーブの畑に囲まれて建っています。 丘の頂上にはラトゥルンという地名の由来となったという十字軍の要塞の遺跡があり、地中海まで続く平野を見下ろしています。近くには復活したイエス・キリストが弟子たちと食事をとったというエマオの史跡があり巡礼者が訪れています。

<聖地修道院ワイン Cote du Bethlehem コート・ドゥ・ベツレヘム(白) 750ml>

 内容量:750ml、製造:シトー会 ラトゥルン修道院/パレスチナ、価格:2,600円(+税)

 ※ビルゼイト地域で栽培された、白ワインの女王といわれるシャルドネ種を使用しています。 やや、酸味のあるすっきりとした口当たりが特徴です。


▼▼オンラインショップからもご購入いただけます▼▼

聖地修道院ワイン Cote du Bethlehem コート・ドゥ・ベツレヘム(白) 750ml | サンパオリーノ - 修道院製品のお店 on the BASE

エルサレムの西方、ラトゥルンの丘に建つトラピストのラトゥルン修道院で修道士たちの手によって作られた白ワイン。白ワインの女王といわれるシャルドネ種を使用しています。やや、酸味のあるすっきりとした口当たりが特徴。ビルゼイト地域で栽培されたシャルドネ種のぶどうを100%使用しています。※ラトゥルン修道院は1890年に創建されたトラピスト会の修道院です。エルサレムと地中海の中間の丘陵地帯にあり、標高350mの丘の中腹にブドウやオリーブの畑に囲まれて建っています。丘の頂上にはラトゥルンという地名の由来となったという十字軍の要塞の遺跡があり、地中海まで続く平野を見下ろしています。近くには復活したイエス・キリストが弟子たちと食事をとったというエマオの史跡があり巡礼者が訪れています。------------------------------------------------------------------------英字名:Cote du Bethlehemワイナリー名:Latrun Monastery 品種:シャルドネ内容量:750ml産地:パレスチナ味わい:中口タイプ:白アルコール度数:13%輸入業者:㈱食と関係価値研究所保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存【ご注意】 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。ご購入は満20才以上の方に限らせていただきます。

サンパオリーノ - 修道院製品のお店

【製品についてのお知らせ】

※サイト上に掲載している製品情報は、過去に販売した製品データも含まれています。現在店頭に在庫があるとは限りません。 店頭在庫につきましては、メール(tokyo-store@sanpaolino.jp)でお問い合わせください。

※製品の内容、仕様、デザイン、価格は予告なく変更させていただく場合があります。

サンパオリーノ - 修道院製品のお店

世界の修道院で作られた製品を独自の感性で集めたセレクトショップです。

0コメント

  • 1000 / 1000